カードローン借り換え低金利

カードローン借り換え低金利でするには?

カードローン借り換え低金利

カードローン借り換えをしようと思った時、どこに申込みすれば低金利になるのか?カードローンの金利は審査結果が出ないと分からないことが多いため、低金利に借り換えを決めたとしても申込みするカードローンが決まらないことは良くある話です。

 

カードローン借り換え金利でも書きましたが、借り換えするなら、100万円以下なら金利15%以下100万円以上なら金利12%以下を最低の目安にしましょう。

 

なぜなら、借り換えローンは新たに借入をして今借りているカードローンを完済することになるので、完済するまでの利息を含めた金額を借りることで、多少は借金の金額が一時的に増えてしまいます。

 

多少負債が増えることになる中、18%⇒17%程度の借り換えではあまり意味が無く、増えた借金を元に戻す分と、借り換えの手間ひまを考えればあまりメリットが大きいとは言えません。

 

今、100万円未満の借入で金利17%〜18%であれば、15%以下へ借り換えることでメリットは大きく実感できるはずです。

 

3%〜4%金利が下がれば、一時的に負債が増えたとしても、そこまでのデメリットはありません。まずはこの金利ラインを基準に低金利借り換えを探しましょう。

 

低金利で借り換えするなら銀行カードローンへ!

先ほど言った、100万円未満なら15%以下、100万円以上なら12%以下という基準で選ぶなら銀行カードローンが最適と言えます。

 

銀行カードローンの多くは上限金利15%以下となっている為、上限金利15%以下なら100万円未満の借入でも金利は15%以下になります。

 

そして銀行カードローンの特長として限度額ごとに最初から金利がある程度決まっていることが、低金利で借り換えを選ぶ大きな材料になるのです。

オリックス銀行カードローンの金利と限度額

700万円超800万円以下

600万円超700万円以下

500万円超600万円以下

400万円超500万円以下

300万円超400万円以下

1.7%〜4.8%

3.5%〜5.8%

3.5%〜5.8%

4.5%〜8.8%

4.5%〜8.8%

200万円超300万円以下

150万円超200万円以下

100万円超150万円以下

100万円

100万円未満

5.0%〜12.8%

5.0%〜12.8%

6.0%〜14.8%

6.0%〜14.8%

12.0%〜17.8%

※オリックス銀行の借り換えはリボ払いのみ可能です

上の表はオリックス銀行カードローンの金利と限度額です。見て分かる通り、限度額によって最初から金利が設定されています。リボ払いの借り換えを行っているオリックス銀行カードローンは、金利設定がわかりやすくまとまった金額の借り換えに適しています。

 

これが消費者金融となると、金利は審査結果が出るまで分からず、ある程度大きい限度額でなければ、法律上限となる100万円未満なら18%、100万円以上なら15%の金利が付くことが多いのです。

 

仮に消費者金融で110万円を借りた時、金利15%の設定であれば、オリックス銀行カードローンなら同じ110万円でも金利は6.0%〜14.8%となり、下限金利6.0%なら最大9%の差が出ることになります。

 

今銀行は個人向けに営業展開しており、借り換え・おまとめも積極的に審査している為、低金利で借り換えするなら、必ず銀行カードローンから申込みすることをおすすめいたします。

みずほ銀行カードローンの金利と限度額

800万円

600万円以上800万円未満

500万円以上600万円未満

400万円以上500万円未満

年2.0%

年4.5%

年5.0%

年6.0%

300万円以上400万円未満

200万円以上300万円未満

100万円以上200万円未満

10万円以上100万円未満

年7.0%

年9.0%

年12.0%

年14.0%

上記の表はみずほ銀行カードローンの金利と限度額です。みずほ銀行カードローンは、利用限度額によって金利が明確に決められているため借り換えのシュミレーションもしやすくなっています。低金利が最大のメリットであり、年2.0%〜14.0%に設定されています。さらに、みずほ銀行の住宅ローンを利用している場合は年0.5%金利が引き下げられるため、年1.5%〜13.5%で借入することも可能です。

 

金利18.0%で消費者金融から借入していた分をみずほ銀行で借り換えした場合、最大金利が適用されたとしても年14.0%で借入出来るため年4.0%も金利を下げることが出来ます。

 

また、みずほ銀行の最少返済額は比較的高く設定されているため、返済期間が延びて総支払額が増えてしまうという心配もありません。

 

みずほ銀行カードローンには、借り換え専用のローン商品がないため通常のカードローンに申し込みをすることになります。申し込み時には必ず「借り換え目的」であることを伝えておきましょう。

 

今すぐ借り換えしたい人は必見!おすすめランキング!

おすすめランキング

>>カードローン借り換えおすすめランキングはこちら<<