総量規制対象外と総量規制例外貸付の違い

総量規制対象外と総量規制例外貸付の違い

総量規制?

総量規制対象外総量規制例外貸付はどう違うのか?総量規制という法律は非常に複雑で、カードローンの知識が無い人にとっては難しい問題だと思います。

 

総量規制対象外も総量規制例外貸付も、どちらも年収3分の1以上でも融資ができることになっています。しかし、対象外と例外ではまったく分野が異なるのです。

総量規制例外貸付は貸金業者が行う契約

まず、総量規制例外貸付とは、総量規制の年収3分の1の制限を受ける、貸金業者(消費者金融など)が行う契約となります。

 

消費者金融などの貸金業者は原則、年収3分の1までしか融資ができないことになっていますが、すべて年収3分の1に制限した場合、緊急的な融資や、顧客に利益となる貸付でも融資ができないことになってしまいます。

 

貸金業者

そのようなことを防ぐ為にも、総量規制には例外的に年収3分の1を超えても融資ができる例外条項を定めています。これを総量規制例外貸付と言います(総量規制例外貸付条項はこちらを参照)。

 

このことから分かるように、総量規制例外貸付とは、消費者金融などの貸金業者が行う契約なのです。

総量規制対象外は総量規制とは関係が無い銀行等の融資

総量規制対象外とは、総量規制とは無関係な金融機関が行う貸付のことを指します。総量規制は貸金業法の規制のことから、年収3分の1までしか融資ができないのは貸金業者だけなのです。

 

銀行

銀行などの貸金業者ではない金融機関は、そもそも総量規制という制限とは無関係なのです。ですから、銀行は顧客の年収3分の1までしか融資ができない規制は無く、銀行側の審査で年収1/3を超えても融資が可能と判断すれば、貸付することは何ら問題が無いのです。

 

その為、消費者金融では収入が0円の専業主婦は総量規制によって融資することは禁止となっていますが、多くの銀行カードローンでは専業主婦にも融資可能としており、これは総量規制と無関係な銀行だからこそできる融資となっているのです。


信用情報での総量規制対象外と総量規制例外貸付の違い

総量規制対象外と総量規制例外貸付は、貸付側の違いによることを説明しましたが、まだ奥は深く、信用情報的に見た場合、総量規制対象外と総量規制例外貸付では大きな違いがあります。

総量規制例外貸付は年収3分の1の計算に含まれます

年収3分の1の計算に含まれる

消費者金融会社が総量規制例外貸付で融資をした場合、その貸付た金額は総量規制の年収3分の1の計算に含まれます。

 

例えば、年収300万円の人が、80万円を消費者金融から借りていた場合、総量規制によって、年収1/3までしか借入ができませんので、残り借りられる金額は20万円までです。

 

しかし、総量規制例外貸付で融資をすれば、20万円以上貸付することは可能となります。

 

では、先ほどの年収300万円の人が80万円借りていたとして、新たな消費者金融会社へ総量規制例外貸付となる、おまとめローンを120万円で申込みしたとします。

 

無事、おまとめローンの審査が通り、120万円を借りて他を完済した場合、その人の負債は120万円になりますよね?総量規制例外貸付はあくまで例外的に融資をしたことになりますので、借りた人は残高が年収の3分の1未満の100万円未満にならなければ、総量規制によって、すべての消費者金融からは借入ができなくなるのです。

 

このように、総量規制例外貸付は、年収の3分の1以上貸付を認めていますが、あくまで例外貸付した金額は1/3の計算に含まれますので、年収3分の1を超えている状態では基本的にどこの消費者金融へ申込みしても今後借入はできないのです。

総量規制対象外は年収3分の1の計算には含まれません

一方、総量規制対象外での借入は、年収3分の1の計算には含まれません。

 

例えば、年収300万円の人が、総量規制対象外の銀行カードローンから100万円借りた場合、負債の金額で言えば、年収1/3の数字になりますが、銀行融資は総量規制とは関係がありませんので、この人は消費者金融からまだ100万円借りることは可能なのです。

 

要するに、総量規制とは貸金業者の貸付を年収1/3で計算しているものであり、貸金業者以外から借入があったとしても、総量規制とは無関係の為、年収3分の1の1計算には含まないのです。

 

 

銀行カードローンで貸付た金額は総量規制の計算には入りませんので、カードローンを申込みする場合は銀行カードローンから借りた方が、後々有利になります。
なぜなら消費者金融は年収1/3しか融資できませんので、総量規制範囲内であれば、積極的に融資をする可能性が高い為です。


 

今すぐ借りたい人は必見!当サイトおすすめランキング!

おすすめランキング

>>カードローン借り換えおすすめランキングはこちら<<

 

 

総量規制対象外と総量規制例外貸付の違い関連ページ

総量規制対象外のメリット
総量規制対象外のメリットについて説明します。
年収3分の1以上でも借りれる消費者金融ってなに?
年収3分の1以上超えてでも借りれる消費者金融はあるの?総量規制の疑問について解説します。