年収3分の1以上でも借りれる消費者金融

年収3分の1以上でも借りれる消費者金融ってなに?

疑問中の男性画像

消費者金融業界は2010年6月に貸金業法改正となり、総量規制が導入されました。これによって貸付はすべて年収の3分の1までと線引きされたのですが、利用者はまだ総量規制について知らない人もいるのが事実です。

 

この総量規制でよく誤解されているのは、銀行系は総量規制対象外となって、年収3分の1以上でも借りられると言われている点です。

 

例えば、三井住友銀行グループのモビットは総量規制対象外と勘違いしている人がいますが、モビットは貸金業登録している消費者金融の為、年収3分の1以上貸付することは原則禁止されているのです。

年収3分の1規制が無いのは銀行などの金融機関です

銀行アイコン画像

年収3分の1以上でも借りられるのは、貸金業者以外の借入になりますので、貸金業者以外で貸付を行っているので代表的なものは銀行です。

 

銀行が融資している銀行カードローンは総量規制対象外となって、年収3分の1以上でも審査次第で借りることは法律上は可能となっています。

 

ここで言う銀行とは銀行本体のことを指し、銀行の子会社やグループ会社、関連会社などは含まれてはいません。

 

このことから、三菱UFJフィナンシャルグループのアコムも銀行のグループ会社になりますが、括りは消費者金融となりますので、総量規制が適用されます。

 

「銀行系」と「銀行」をしっかりと区別することがまずは重要なポイントになるのです。

消費者金融で年収3分の1以上借りるには?

では、消費者金融で年収3分の1以上借りるにはどうすればいいのでしょうか?

 

先ほども書いたように、消費者金融は総量規制によって年収3分の1までしか貸付を禁止されています。しかし、それ以上貸付するには例外的に融資する、総量規制例外貸付を用いて融資することが可能なのです。

 

総量規制例外貸付で代表的なものは、金利が引き下がる借り換えローンやおまとめローンとなります。

 

上記ローンは金利を引き下げての「段階的に債務を減らす借り換え」として、年収3分の1以上になっても融資は認められているのです。

 

逆に言えば、借り換えやおまとめ以外で消費者金融から年収3分の1以上借りる方法はありません。厳密に言えば総量規制除外貸付や、借り換え以外の例外貸付によって、借りられる可能性はありますが、通常のフリーローンを年収以上に借りることはできないのです。

年収3分の1以上でも借りれる消費者金融まとめ

鎖に繋がれたカード画像

年収3分の1以上でも借りれるのは銀行カードローンであり、消費者金融では借りられません

 

借り換え・おまとめローンは総量規制例外貸付となり、消費者金融でも1/3以上貸付が可能ですが、例外で貸付した場合は、原則返済になるので、限度額内での追加借入ができないのです。

 

このことから、フリーローンを総量規制以上に借りたい人は消費者金融では100%審査落ちとなりますので、銀行カードローンへ申込みするしか方法がないということです。

 

しかし、銀行カードローンは審査は甘くありませんし、保証会社の審査もあるので、現実的に負債が多い人が借りられる可能性は低いと言えます。

 

総量規制とは、このようにどこからも借りられない人が出てしまう法律であり、規制緩和を望む声も多いのです。

 

おすすめランキング

>>カードローン借り換えおすすめランキングはこちら<<

 

 

 


年収3分の1以上でも借りれる消費者金融ってなに?関連ページ

総量規制対象外のメリット
総量規制対象外のメリットについて説明します。
総量規制対象外と総量規制例外貸付の違い
総量規制対象外と総量規制例外貸付はどこが違うのかを説明するページです。