総量規制対象外メリット

総量規制対象外のメリット

総量規制対象外とは、貸金業者ではない、銀行等の金融機関からの借入のことを指します。その中でよく挙げられるのは銀行が貸付している銀行カードローンです。

 

銀行カードローンは消費者金融やクレジットカードのキャッシングと同じ上限金利規制がありますが、銀行は貸金業者ではないので、年収3分の1を超える貸付を禁止とした総量規制は対象外となります。

 

その為、消費者金融と銀行カードローンを比較した場合、銀行カードローンの方が多くのメリットがあるカードローンと言うことができるのです。

総量規制対象外の銀行カードローンのメリット

銀行カードローンには年収3分の1の規制が無い

 

銀行カードローンには消費者金融と違い、年収3分の1の規制がありません。これが銀行カードローンと消費者金融との大きな違いです。
なぜ銀行は総量規制対象外なのかと言うと、銀行は銀行法と言う別の法律がある為、特別法の貸金業法は適用がされないのです。そして、総量規制とは貸金業法の中の法律になるので、適用されるのは貸金業者のみになります。その為に銀行は総量規制は関係がなく、年収による規制もないのです。

銀行カードローンなら専業主婦でも借入が可能!

 

銀行カードローンは年収による規制がないことから、収入が無い専業主婦に対しても融資することが可能になります。消費者金融では年収の3分の1という規制がありますので、収入0円の専業主婦には貸付ができません
すべての銀行カードローンが専業主婦に貸付OKとなっている訳ではありませんが、配偶者に安定的な収入があれば、最大30万円〜50万円まで専業主婦でも融資可能としている銀行カードローンは多くあります。この為、専業主婦でキャッシングするのであれば、消費者金融ではなく、銀行カードローンという時代になったのです。

一定金額以下は収入証明書不要で審査が可能!

 

銀行カードローンは総量規制対象外の為、審査面でも消費者金融と比べてメリットがあります。それは収入証明書の提出の件です。
消費者金融等の貸金業者は年収3分1を超える貸付は禁止にことから、顧客の年収について調査しなくてはなりません。すべての申込みに調査するのはかなり厳しい為、総量規制では、@自社の貸付が50万円を超える場合。A他の貸金業者と合わせ、貸付金額が100万円を超える場合。この2点に該当すれば必ず収入証明書(源泉徴収票・所得証明書・市県民税納税通知書・直近給料明細2か月分など)の取得が義務付けられています。

 

しかし、銀行カードローンはそもそも総量規制の年収3分の1の規制は関係がないことから、上記のような収入証明書の取得義務はありませんが、多くの銀行カードローンでは限度額100万円以下は原則収入証明書不要で審査可能としています。

 

この収入証明書不要の金額は銀行カードローンによって違い、高いところでは限度額300万円以下は原則収入証明書不要でOKというカードローンもあります。
収入証明書を普段から持っている人はあまり多いとは言えません。銀行カードローンなら最低でも100万円以下は収入証明書不要となっているので、収入証明が無い人は銀行カードローンに申込みした方がメリットがあると言えます。

総量規制対象外のメリットまとめ

総量規制対象外の銀行カードローンは、消費者金融に比べて、利用者にとって嬉しいメリットが多く詰まったカードローンと言えます。ポイントには書きませんでしたが、銀行カードローンは消費者金融に比べ、圧倒的に低金利となっていることも選ばれる大きな理由です。そして、提携ATM利用手数料が0円なのも嬉しいサービスとなっています。ここまで消費者金融との差が開けば、今後、キャッシングと言えば銀行カードローンとなる時代がすぐそこまで来ているのかも知れません。

 

総量規制対象外の銀行ならおすすめランキングで!

おすすめランキング

>>カードローン借り換えおすすめランキングはこちら<<

 

 

総量規制対象外のメリット関連ページ

総量規制対象外と総量規制例外貸付の違い
総量規制対象外と総量規制例外貸付はどこが違うのかを説明するページです。
年収3分の1以上でも借りれる消費者金融ってなに?
年収3分の1以上超えてでも借りれる消費者金融はあるの?総量規制の疑問について解説します。