総量規制対象外

総量規制対象外とは

2010年6月18日に改正貸金業法は完全施行となり、柱として、上限金利引き下げと、総量規制が導入されました。

 

総量規制とは、資金需要者への貸付を原則年収の3分の1まで規制する法律です。年収300万円の人であれば、100万円、600万円の人であれば、200万円までしか貸金業者から借りることはできなくなりました。

 

しかし、この総量規制の対象となるのは、消費者金融やクレジット会社、信販会社などの「貸金業者」に限られ、銀行等の金融機関は総量規制は関係がありません。

 

その為、銀行が貸付している銀行カードローンも総量規制の対象とはならず、年収3分の1の規制は無いのです。このように、総量規制の制約を受けないことを「総量規制対象外」と呼ばれています。

総量規制の対象

総量規制の対象(貸付は年収の3分の1迄)

  • 消費者金融
  • クレジットカードのキャッシング
  • 信販のキャッシング

総量規制対象外

総量規制の対象外(年収3分の1以上貸付可能

  • 銀行カードローン(銀行からの借入すべて)
  • 労働金庫からの借入
  • 農協からの借入
  • 郵便局からの借入など

総量規制対象外記事一覧

総量規制対象外とは、貸金業者ではない、銀行等の金融機関からの借入のことを指します。その中でよく挙げられるのは銀行が貸付している銀行カードローンです。銀行カードローンは消費者金融やクレジットカードのキャッシングと同じ上限金利規制がありますが、銀行は貸金業者ではないので、年収3分の1を超える貸付を禁止とした総量規制は対象外となります。その為、消費者金融と銀行カードローンを比較した場合、銀行カードローン...

総量規制対象外と総量規制例外貸付はどう違うのか?総量規制という法律は非常に複雑で、カードローンの知識が無い人にとっては難しい問題だと思います。総量規制対象外も総量規制例外貸付も、どちらも年収3分の1以上でも融資ができることになっています。しかし、対象外と例外ではまったく分野が異なるのです。総量規制例外貸付は貸金業者が行う契約まず、総量規制例外貸付とは、総量規制の年収3分の1の制限を受ける、貸金業者...

消費者金融業界は2010年6月に貸金業法改正となり、総量規制が導入されました。これによって貸付はすべて年収の3分の1までと線引きされたのですが、利用者はまだ総量規制について知らない人もいるのが事実です。この総量規制でよく誤解されているのは、銀行系は総量規制対象外となって、年収3分の1以上でも借りられると言われている点です。例えば、三井住友銀行グループのモビットは総量規制対象外と勘違いしている人がい...