収入証明書不要で借りれる

収入証明書不要でも借りれる?

カードローンやキャッシングの審査では今、収入証明書が必要になる場合があります。それは2010年6月からできた総量規制によるもので、借入は原則年収の3分の1までに規制されたことから、申込みの場合に年収を確認する収入証明書が必要となったのです。

収入証明書とは法令上以下の書類が定められています。
  1. 源泉徴収票(直近の期間に係るもの)
  2. 支払調書(直近の期間に係るもの)
  3. 給与の支払明細書(直近の2カ月分以上(地方税額の記載があれば1カ月分)のもの)
  4. 確定申告書(直近の期間に係るもの)
  5. 青色申告決算書(直近の期間に係るもの)
  6. 収支内訳書(直近の期間に係るもの)
  7. 納税通知書(直近の期間に係るもの)
  8. 納税証明書(直近の期間に係るもの)
  9. 所得証明書(直近の期間に係るもの)
  10. 年金証書
  11. 年金通知書(直近の期間に係るもの)

    ※上記(4)から(9)の書類については、複数年分の事業所得を用いて年収を計算する場合には、その複数年分の書類が必要となります。

収入証明書が審査で必要となる場合

収入証明書が審査で必要となる場合

収入証明書は審査で必ず必要になるわけではありません。貸金業法では、自社の貸付が50万円を超える場合、又は、他の貸金業者の貸付と合わせ100万円を超える場合は収入証明書を取得することが義務付けられています。

 

その為、消費者金融から限度額50万円を超える借入や、今借りている消費者金融と、新たに借りる消費者金融との借入額の合算が100万円を超える場合は収入証明書が必要となります。

ボーナスがある人は給料明細2か月分は不利になる

給料明細2か月分は不利

総量規制による収入証明書の種類には、直近給与明細の2か月分以上でも年収を証明する書類として認めています。しかし、給与明細2か月分は、2か月分の給与で平均を出し、それに12を掛けたものが年収とされます。

 

ボーナスがある人は本来ボーナスも含めたのが年収となりますが、給料明細2か月分で提出した場合、ボーナス分が入らないことから、年収が少なくなり、結果、借りれる1/3の範囲も少なくなるので、極力、源泉徴収票や所得証明、納税通知書などを提出した方が良いのです。

収入証明書不要でも借りれるカードローンとは

収入証明書不要のカードローンとは

収入証明書が必要になるのは総量規制が原因です。総量規制とは貸金業者のみが受ける規制ですので、貸金業者(消費者金融等)でなければ、収入証明書の取得義務は無いのです。

 

貸金業者ではないカードローンと言えば、銀行が貸付している銀行カードローンがあります。銀行カードローンは総量規制の規制を受けない、総量規制対象外のカードローンで、年収3分の1の縛りもありません。

 

そして、収入証明書も不要で審査することが可能なのです!しかし、銀行カードローンが全く収入証明書不要と言えば、そうでもありません。

 

銀行カードローンは消費者金融のような、収入証明書に関して細かい規制はありませんが、ほとんどの銀行では限度額100万円以下なら原則収入証明書不要で審査が可能となっています。

300万円以下は収入証明書不要の銀行カードローンも有!

消費者金融は一律に、自社貸付50万円超、他の貸付と合わせ100万円超であれば収入証明書が必要ですが、銀行カードローンは収入証明書不要の金額は銀行によって違っています。

 

ほとんどの銀行カードローンは限度額100万円以下なら収入証明書不要としていますが、300万円以下なら原則収入証明書不要としているカードローンもあります。

収入証明書不要のメリット

収入証明書不要のメリットは、やはり審査時に収入証明書を用意する必要がないことが大きな利点です。収入証明書の種類は冒頭で説明しましたが、源泉徴収票や所得証明などは普段家に保管している人が多く、いつも持ち歩いている人は少ないのではないでしょうか?

 

事前に収入証明書が必要と分かっていれば用意することは可能ですが、キャッシングの需要は急な出費の時などに借りる人も多く、その時に源泉徴収票や所得証明が無ければ審査結果は保留となり、提出するまで結果が出ない可能性もあります。

 

又、既婚者の人なら、奥さんが源泉徴収票や市県民税納税通知書を家で保管していることが普通です。内緒で借りようと思った時、源泉徴収票が必要と言うのは、キャッシングすることがバレてしまうことも考えられるので、あまり言いたくはないはずです。

 

かと言って、役所まで所得証明書を取りに行くのは、仕事もあって難しい人などは多くいるでしょう。そう考えた時、収入証明書不要で借りれるカードローンは非常に助かる存在と言えるのです。

収入証明書不要でも借りれる?まとめ

  • 収入証明書不要でも借りれるのは銀行カードローン!
  • 銀行カードローンなら100万円まで収入証明書不要で審査が可能!
  • 収入証明書不要の金額は銀行によって違い、オリックス銀行カードローンのように、300万円まで原則収入証明書不要の銀行カードローンもあり。
  • 消費者金融では50万円以下又は、他の消費者金融と合わせ、100万円以下は収入証明書不要だが、審査によっては必要となる場合もある。