カードローン借り換え総量規制

カードローン借り換えと総量規制

総量規制とは2010年6月に貸金業法改正に伴い導入された規制です。今まで消費者金融等の貸金業者から借入する場合、貸付する側の判断で融資は行われていました。

 

しかし、過剰貸し付けを含めた多重債務者問題が深刻となり、 年収の3分の1を超える貸付は原則法律で禁止となりました。

 

その為、例えば年収300万円の人であれば基本的に借入可能なのは100万円までとなり、100万円以上消費者金融などの貸金業者から借入がある場合、申し込みがあっても断らなければなりません。

総量規制が適用されるのは貸金業者のみ

総量規制とは貸金業法の法律です。適用を受けるのは貸金業者のみとなり、消費者金融やクレジットカードのキャッシング、信販のキャッシングが規制対象です。

 

しかし、銀行は銀行法という別の法律があり、又、もともと貸金業者ではないことから、 総量規制の適用は受けず、総量規制対象外のカードローンとなります。

 

銀行本体が貸付する銀行カードローンであれば年収の3分の1の規制がないので、審査によって返済能力があると判断されれば年収3分の1以上借入があったとしても融資を受けることは可能なのです。

消費者金融でも借り換えローンは総量規制例外貸付として融資可能

消費者金融などの貸金業者では総量規制により年収3分の1を超える貸付は原則禁止ですが、総量規制にも「総量規制除外貸付」と「総量規制例外貸付」があり、カードローン借り換えに関しては総量規制例外貸付として、年収3分の1を超える貸付であっても例外的に認められています。

 

しかし、総量規制対象外の銀行カードローンと総量規制例外貸付の消費者金融借り換えローンでは大きな違いがあります。それは、借入後の追加借入の場合です。

 

消費者金融の借り換えローンは総量規制例外貸付として貸付は可能ですが、あくまで年収3分の1を超える貸付で「例外」となるので、借入後は限度額内で追加借入はできず、基本的に返済のみのローンとなります。

 

それに対して、総量規制対象外の銀行カードローンであればもともと総量規制の規制はないので、仮に年収3分の1を超える借り換えであったとしても、最初から限度額内で繰り返し借入ができるリボ契約であれば基本的に追加借入は可能です。

 

当サイトがカードローン借り換えには銀行カードローンをおすすめする理由はそこにあります。銀行カードローンは低金利はもちろん、複数借入の借り換えなどで限度額が高額となったとき、高限度額ほど低金利設定になっており、又、総量規制対象外による追加借入も可能なことが一番のメリットなのです。

 

今すぐ借り換えたい人は必見!おすすめランキング!

おすすめランキング

>>カードローン借り換えおすすめランキングはこちら<<