カードローン審査通過できる

カードローン審査通過できる人とは?

カードローン審査を申込む場合に、審査通過できる人と、できない人ではどこが違うのでしょうか?

 

カードローンの審査は適当にしている訳ではないので、審査通過できる人と、できない人では、それなりの理由があるのです。

カードローン審査を通過できない人によくありがちな事

  • 会社の在籍確認がはっきりと取れない人。
  • 携帯電話が料金未納で通話できない状態の人。
  • 過去に債務整理や破産などをして5年未満の人。
  • 他社の返済が遅れている人。
  • 勤続年数が1年未満の人。
  • パートやアルバイトもしていない専業主婦。
会社の在籍確認がはっきりと取れない人

在籍確認が取れない人

カードローンの審査は会社によって違いはありますが、大きな審査基準はどこも同じです。カードローン審査を通過できない人によくありがちな事をまとめてみましたが、当然に無職や、住所不定、未成年などは審査通過はできないので省いています。

 

まず、属性や借入状況に問題が無いのに借りられない人で多いのは会社の在籍確認が取れない人です。カードローンの審査において、勤務先の在籍確認は重要な審査条項となっていますが、派遣会社や、大きな工場勤務、現場作業員の人などは、勤務先の在籍確認がはっきりと取れない事が多々あります。

 

派遣会社の人であれば、派遣先の電話番号が分からない、又は、電話を取った派遣先の人が、派遣元の人間を知らない場合などは、在籍確認で電話をしたとしても、働いているのかの確認が取れない事が多いです。

 

大きな工場の場合も、部署が正確に分からなければ取次ができず、人数がかなり多いので名前を言っただけでは分かりません。現場勤務の人も在籍がなかなか取れない場合があります。

 

在籍確認が取れなければ、絶対に断られる訳ではありませんが、融資の結果が下りない場合があり、改めて在籍を取るか、在籍確認の代わりに社員証や給料明細などを提出しなければならないこともあります。

 

携帯電話が料金未納で通話できない状態の人

携帯電話が止まっている人も審査を通過することはできません。携帯の料金が払えないことは、返済能力に問題があると見なされることから、カードローン審査を通過するならば、携帯料金を支払ってから審査申込みすることをおすすめします。

 

過去に債務整理や破産などをして5年未満の人

債務整理をして5年未満の人

過去に債務整理や破産をして5年未満の人はまだ信用情報に事故情報が登録されているので、ほとんどのカードローン審査は落ちてしまします。信用情報の事故情報は5年を超えない期間登録されるので、かなり前にした債務整理でもまだ情報が残っている可能性があります。

 

もし心当たりがある人は、指定信用情報機関のCICとJICCへ信用情報開示手続きをしてみましょう。簡単な手続きで郵送開示ができるので、今借入が無いのに全く借りられない人は、昔の事故情報が消えていない可能性があります。

 

他社返済が遅れている人

他社の返済が遅れている人は当たり前ですが、カードローン審査は通過できません。他社の返済ができないのに融資をしたところで、自社の返済もできなくなることは誰にでも想像がつくはずです。

 

勤続年数が1年未満の人

勤続年数が1年未満

これはカードローン会社によって、異なりますが、1年未満の場合審査通過できる可能性は低くなります。必ず審査通過できない訳では無く、勤続年数が1年未満でも審査通過できる場合もあるので、はっきりとは言えません。

 

しかし、カードローン審査の中で勤続年数は重要な審査ポイントとなることから1年以上の方が属性は良くなります。昔の消費者金融では、本人確認で運転免許証と一緒に社会保険証も提出していた時期がありました。

 

社会保険証は通常、入社年月日が資格取得日になる為、嘘の申告をすれば社会保険証でバレテしまうことがありましたが、現在では運転免許証のみで融資可能となっているところが多く、社会保険証を提出しない場合もありますが、虚偽申告は信用を落とすので、申込み内容は正確にしましょう。

 

パートやアルバイトもしていない専業主婦

専業主婦

専業主婦は貸金業者の消費者金融等から借入することは総量規制によってできません。専業主婦で借りるのであれば、総量規制対象外の銀行カードローンで、尚且つ、専業主婦でも融資対象としているカードローンに申込みする必要があります。

 

おすすめはイオン銀行カードローンBIGで、専業主婦でも配偶者に安定的な収入があれば最大50万円まで融資可能としており、原則収入証明書は必要ありません。

 

消費者金融でも総量規制例外の配偶者同意貸付で専業主婦へも例外的に融資可能な条項はありますが、提出書類も多く、審査に手間もかかる為、多くの消費者金融では消極的と言えます。

 

専業主婦が借りるなら銀行カードローンへ申込みすることが最も借りれる確率が高く、限度額も大きく融資を受けられる可能性があるのです。

カードローン審査通過できる人とは?関連ページ

キャッシング審査通過しやすいの意味とは?
キャッシング審査通過しやすいとはどんな意味なのか?借りやすいキャッシング会社?審査通過しやすい人の特徴?審査通過について説明します。