キャッシング審査通過しやすい

キャッシング審査通過しやすいの意味とは?

よくキャッシング審査通過しやすいのは?とよく聞かれることがありますが、キャッシング審査通過しやすいとはどのような意味で言っているのかによって、内容は大きく変わります。

 

キャッシングの審査は各社それぞれ違いはありますが、大まかな審査内容はどこでも同じと言って良いでしょう。

キャッシング審査通過するための絶対条件
  1. 消費者金融からの借入であれば、借金の残高が年収の3分の1未満であること。
  2. 安定した収入があり、年齢20歳以上〜65歳未満であること。
  3. 信用情報に事故情報(延滞・債務整理・破産など)が無いこと。
  4. 本人確認書類を持っていること。

キャッシング審査通過するためには

キャッシングの審査を通過する為に絶対的に必要なのは、上記の4つです。消費者金融やクレジットカードのキャッシングでは総量規制が関係してきますので、今ある借金が年収の3分の1以上だった場合、借り換えやおまとめなどの総量規制例外貸付しか融資することができない為、審査通過することはできないでしょう。

 

また、キャッシングには年齢制限もあり、未成年は借りられません。65歳以上の高齢者も融資不可としているキャッシングカードローンが多いため、借入は厳しいと言えます。(65歳以上でも貸付をしているキャッシング会社はあります。)

 

そして、最も重要なのは、信用情報に事故情報がないことです。事故情報とは、現在・過去に支払を3か月以上遅れたことが有る、延滞情報、債務整理を依頼・過去にしたことがある人は、債務整理情報、破産を依頼・過去にしたことがあるは破産情報が代表的な事故情報と言えます。

信用情報の事故情報の一例

事故情報の種類 内容
延滞 返済を3か月以上延滞した時点で登録。
延滞解消 過去に返済を3か月以上延滞後、支払をした場合。
債務整理 弁護士や司法書士へ債務整理(任意整理・特定調停・個人再生・破産)を依頼した場合。
特定調停 簡易裁判所へ特定調停を申立した場合。
民事(個人)再生 地方裁判所へ民事(個人)再生を申立した場合。
破産 地方裁判所へ自己破産を申立した場合。
債権者法的手続き 債権者側から訴訟などの法的手続きをした場合。

キャッシング・カードローン審査は信用情報の審査で約8割近くは合否が決まると言っても過言ではありません。信用情報とは、指定信用情報機関のCICとJICCの情報となりますが、貸金業法では融資の審査時に必ず指定信用情報を照会することと、決められています。

 

その為、信用情報に事故情報があった場合、キャッシング審査を通過することは非常に難しいと言えます。そして、この事故情報は5年を超えない期間登録されることから、一度事故情報が登録されれば、5年間はキャッシング・カードローンを含め、全てのローンが組めなくなるので注意が必要です。

キャッシング審査通過しやすいのまとめ

キャッシング審査通過しやすいとは、その人(申込み者)の内容が大きく関係してきます。

 

借金の金額が年収の3分の1以内から始まり、信用情報に事故情報が有るか無いか、そして、勤続年数や居住年数などの属性も影響してきます。

 

しかしながら、今の消費者金融会社は総量規制の影響で新規成約率が低くなり、貸付したくても総量規制によって、貸付ができない状況にあります。

 

逆に言えば、負債が総量規制の範囲内(年収3分の1未満)だった場合、ある程度属性などの内容が悪かったとしても、融資をする可能性はあると言うことができるのです。

 

審査通過した人

キャッシング審査に通過するかしないかは、申込みした時期も関係があり、キャッシング会社がキャンペーン中や融資強化月間であれば、通常の審査基準よりも低く審査をしている場合もあります。

 

いずれにせよ、大前提としては、借入が年収の3分の1未満、信用情報に事故情報が無いことが、キャッシング審査通過する条件となるのは間違いありません。

キャッシング審査は成約率が高いところに申込みすることがポイント!

キャッシング審査通過するポイントは、申込み者の内容にもよりますが、審査通過する可能性が高いキャッシング会社へ申込みすることも重要なことです。

 

キャッシングの審査通過する可能性とは、新規貸付率(新規成約率)のことを言い、申込み者の貸付率であればアコムがおすすめです。

 

アコムは審査通過率の高い消費者金融でも成約率は非常に高く、それだけ多くの人が新規申込みから融資に至るまで審査通過をしていることになります。キャッシング審査で迷っているならばアコムへの申込みが間違いありません。

キャッシング審査通過しやすいの意味とは?関連ページ

カードローン審査通過できる人とは?
カードローン審査通過できる人の条件を具体的に書いていきます。カードローン審査前に参考にしてみてください。