カードローン借り換え審査

カードローン借り換え審査

借り換え審査

カードローン借り換えの審査は通常の借入の審査+α(借り換え審査)と思っていただいても良いと思います。当然無職や住所不定の人は借り換えのための融資を受けることはできません。

 

又、今借りているカードローンを延滞している・過去に3か月以上延滞したことがある(信用情報で事故情報として登録されている)、債務整理等をした場合などは、普通のカードローン審査も通りませんので融資不可となります。

 

通常のカードローン審査後に借り換えの審査へ

最初に顧客へ融資可能かどうか(延滞や事故情報の有無)の審査を行い、問題なければ借り換えの審査に移ります。借り換えの審査と聞くと、厳しいように聞こえるかもしれませんが、通常のカードローンの審査より格段に厳しい訳ではなく、 逆に大口の借り換えであれば、通常のフリーローンを高限度額で借りるよりも審査は低いと言っても良いと思います。

 

なぜなら、借り換えと通常のフリーローンの審査の大きな違いは、融資後に借入件数が増えるか増えないかにあります。借り換えとは、新たな借入先より融資を受けて、今借りている業者を完済する(借り換えする)ことになるため、 自社が貸付したあとも、顧客の負債件数は変わりません。
カードローン借り換え審査のポイント
負債件数が変わらないことは、毎月の支払いも借り換え前より大幅に増えることはありません。しかし、通常のフリーローンは貸付後に自社の返済分だけ毎月の返済金額が増えることから、 返済能力の審査では、その分を考慮する必要があるからです。

 

その為、通常のフリーローンを高額融資で借りるよりは、借り換えローンとして高額融資を受けた方が審査に関しては通りやすいと言える部分はあるのです。

借り換えローン審査ポイントは既存の借入の信用情報

カードローン借り換えは貸付後も負債件数が基本的に増えないことが前提となる為、今ある負債で問題なく支払(返済)ができているかが、借り換えローンの審査での大きなポイントになります。

 

仮に、今1社で100万円借入があり、低金利で別のカードローンに100万円で借り換えの審査を依頼した場合、既存の借入100万円の毎月の返済金額が遅れずに支払できているのであれば、借り換え後も同程度の返済金額であれば、 問題なく返済はできると判断することができます。(既存借入の利用が短い場合は返済能力としての判断はできません。できれば最低半年以上は必要かと思われます。)

 

また、貸金業法改正に伴い、融資の際は必ず指定信用情報機関の信用情報を照会する義務が課せられました。この信用情報には、各種ローンやクレジットカードの申し込み、契約、借入、返済等の履歴が全て記録されています。カードローン借り換えの審査でも、信用情報を照会して審査を行うため、今借入している業者の返済が延滞無くできているかを確認されるのです。

 

借り換えの審査で信用情報を照会した際、重要視されるのは現在借入している業者への返済が滞りなく行われているかどうかです。長期的な延滞を過去にしたことがあった場合延滞が解消されても一定期間は信用情報に記録が残されてしまうため審査に落ちてしまう可能性が高いでしょう。

属性が良ければ上乗せ融資の可能性も有り

借り換えローンで上乗せ融資

先ほどの例をとってみれば、今現在100万円借りているカードローンの返済が遅れなく支払できているのが信用情報である程度分かれば、それ同等の返済金額であれば返済能力があると見ることができます。また、信用情報に1社でも完済履歴があると返済する意欲があると判断されるため審査に有利となる可能性もあります。

 

それに加え、勤続年数や居住年数・年収や会社規模などの「属性」 を自社の審査規定に沿って審査し、いくらまで融資可能か見て、仮に150万円までなら融資可能と審査結果が出れば、【100万円は借り換え分】+【50万円は使途自由なお金】として借入することも充分に考えられます。

 

このように借り換えの審査は、既存の借入先の分を自社貸付分として取り込む為、会社規模や勤続年数等の「属性」が良く、与信が高い人には審査に通りやすいローンとも言えます。

 

その反面、借り換えローンは通常のフリーローンに比べ、 金額が高額になる場合がありますので、勤続年数が短い、若年で一人暮らしなどの低与信の人の場合は、借り換え分までの融資額は審査で不可となり、借り換えではなく通常のフリーローンとして10万円〜50万円で審査結果が出る場合もあるのです。

複数借入の借り換え審査は?

複数借入の審査

複数借入を1つに借り換えする場合の審査も基本的には上記と同じです。今の借入先の返済金額合計を確認し、その返済金額同等の返済能力が有るか無いかを審査することになります。

 

借入件数が徐々に増加しているのであれば、 支払が苦しいと審査で見られる場合もあります。逆に同じ借入件数で長い期間利用して件数増加も無いようであれば、その支払金額の返済能力はあると見ることもできます。

 

複数借入の借り換えはやはり金額が高額になる場合が多いため、年収や勤続年数などの属性が悪い人(低与信の人)は借り換えの審査は厳しくなる傾向があります。

 

しかし、今銀行カードローンを筆頭に借り換えローンを積極融資しているカードローンが多くみられる為、 与信が低いと諦めず、一度お申し込みしてみることをおすすめします。低金利で借り換えすることにデメリットはほとんどなく、1社断られても別の借り換えローンへお申し込みしてみても良いと思います。

借入件数は少ないほど審査に有利

借り換えをするということは、他社借入があることが前提となりますが、審査の際この他社借入は金額より件数が重要視されています。

 

例えば、2社から合計100万円を借入している人と、4社から合計100万円を借入している人がいた場合、前者の方が審査には有利になるのです。なぜ借入件数が少ない方がいいのかというと、借入件数が多い人は借金を借金で返済する多重債務者である可能性が高いからです。

 

また、「他社借入件数が多い=1社あたりの限度額が低い」ということになるため、返済能力が低いと考えられてしまいます。カードローン会社によって基準が異なりますが、5社以上の借り入れで審査に通ることはほとんどありませんのでもし借入件数が5社を超えている場合は、必ず審査の前に借入件数を減らしておくようにしましょう。

借入が年収3分の1以上ある方の審査は、カードローン借り換え方法を参照してください。

今すぐ借り換えしたい人は必見!おすすめランキング!

おすすめランキング

>>カードローン借り換えおすすめランキングはこちら<<