プロミスで借り換えするのは総量規制対象外?

プロミスで借り換えするのは総量規制対象外?

カードローン借り換えは銀行カードローンですることが多いですが、その理由は消費者金融に比べて低金利だからです。

 

消費者金融でも借り換えに対応しているカードローンも、もちろんあります。その中で有名なのは、プロミスの貸金業法に基づくおまとめローンになります。

 

貸金業法に基づくおまとめローンて何?と思うでしょうが、分かりやすく言えば、総量規制例外貸付条項にある、段階的に債務を減らす借り換えまたは、金利を引き下げる借り換えのことを指しています。

プロミスの借り換えローンは総量規制例外貸付です!

プロミスの貸金業法に基づくおまとめローンは、総量規制対象外ではなく、総量規制例外貸付に該当します。具体的に言えば、プロミスでは100万円以上の貸付の場合、金利が15%以下になりますので、仮に消費者金融2社から50万円づつ、計100万円を借りていた場合、金利はそれぞれ18%になっています。

 

借入金額は合計で100万円ですが、金利は18%なので、100万円に対して18.0%の金利がかかっているのです。

 

しかし、貸金業法では100万円以上の貸付は上限金利が15%以下に引き下げられますので、仮にプロミス1社で100万円以上を借りる場合、絶対的に金利は15%以下となるのです。

 

そのため、プロミスでおまとめローン(借り換えローン)で100万円をまとめた場合、金利は18%から15%に下がりますので、実質的に約3%金利が引き下がることになります。

プロミスのおまとめローンはお得なのか?

プロミスのおまとめローンは実際的にお得なのか?と聞かれると、そこまで大きなメリットは無いのが正直な感想です。

 

なぜならば、銀行カードローンでは15%以下の金利のローンが多く、例えば、イオン銀行カードローンならば、金利3.8%〜13.8%と、最初から上限金利は13.8%です。

 

これは、プロミスでおまとめローンを15%で借りた時よりも最初からもっと低金利になっています。

 

イオン銀行カードローン以外にも、みずほ銀行カードローンや、三菱東京UFJ銀行カードローンでも上限金利は15%未満となっていることから、プロミスでおまとめ(借り換え)しするよりも、銀行カードローンでおまとめした方がメリットが高いと言えるでしょう。

プロミスのおまとめローンは返済専用で追加借入ができません!

プロミスのおまとめローンは、金利が若干高い割に、限度額内での追加借入は禁止となっています。フリーキャッシングの場合、カードから提携ATMなどでいつでも借入・返済ができましたが、おまとめローンにすることによって、限度額内での借入は禁止されます。

 

逆に銀行カードローンの場合、基本的に限度額内での追加融資は可能となっていますので、プロミスのおまとめローンに比べると、低金利+追加融資も可能なため、メリットは高くなっています。

 

プロミスの貸金業法に基づくおまとめ(借り換え)ローンは総量規制対象外ではなく、総量規制例外貸付です。総量規制例外貸付は年収1/3以上でも貸付は可能ですが、それだけ制限が多いのも事実です。

 

まとめとしては、プロミスでおまとめするならば、まず、銀行カードローンから申込みした方が断然メリットが高いと言えるのです。

200*200

プロミスは金利(実質年率4.5%〜17.8%、限度額1〜500万円の消費者金融屈指の高スペックにより、フリーキャッシングから借り換え・おまとめにも利用は可能です。プロミスで借り換える最大のメリットは、メールアドレス登録とWEB利用明細の登録で受けられる30日間無利息サービスにあります!


例えば、他社より50万円を借り換えした場合、プロミスなら30日間無利息となりますので借り換え後、丸々1か月分の利息が0円になるのです。審査時間は最短30分、平日14時までにWEB契約完了で最短即日融資も可能です!
消費者金融では数少ない、三井住友銀行提携ATM手数料無料の利便性は、きっと満足できるカードローンと言えるでしょう。

金 利 限度額 審査時間 即日融資 収入証明書

4.5%〜17.8%

1〜500万円

最短30分

可能

50万円以下不要

提携ATMの一部(三井住友銀行は手数料無料!)

三井住友銀行ATMセブンイレブンATMローソンATMEnet

>>プロミス公式サイトはこちら<<

プロミスで借り換えするのは総量規制対象外?関連ページ

プロミスおまとめローンの特徴と審査
プロミスのおまとめローンの特徴と審査について説明します。おまとめローン利用方法に関しては当サイトを参考にしてください!