カードローン借り換え方法

カードローン借り換え方法

外国ドル

カードローン借り換えはどうやってするのか?借り換えたいけど借り換えの流れや方法が分からない・・・そのような人は多いと思います。

 

カードローン借り換えはメリットが多く、今よりも低い金利で借りたい!という方にはおすすめですが、ある意味専門的な知識が多少必要になってきます。

 

初心者にも分かるように、カードローン借り換え方法を説明します!

カードローン借り換えの大まかな流れ

【Aさん】
借入1社50万円(残高50万円) 金利18% 1年利用中 

 

【借り換え希望】
限度額60万円 金利15%以下のカードローンへ借り換えたい。

 

【属性】
35歳 年収400万円 勤続10年 既婚者

【ステップ1】まずは低金利のカードローンを探すこと!

カードローン借り換え方法

カードローン借り換え方法の第一は、借り換え先となる低金利のカードローンを探すことから始まります。Aさんは消費者金融から50万円を金利18%で借りていますが、希望としては、借り換え時に10万円程度上乗せ融資と、金利15%以下が条件です。

 

10万円上乗せの為、借入限度額は60万円となりますが、銀行カードローンであれば金利15%以下で借入は充分可能です。借り換え先として、H銀行のカードローン金利14.3%へ申込みすることにしました。

 

カードローン会社によって提出書類は異なりますが基本的に下記の本人確認書類の提出が必要です。また、借り換えの金額によっては収入証明書類の提出も必要となります。

カードローン借り換え必要書類

本人確認書類 収入証明書類
運転免許証 源泉徴収票
パスポート 確定申告書
健康保険証 給与明細書
個人番号カード など 納税証明書 など

 

【ステップ2】申込み時に借り換えすることを伝えることが重要

借り換えすることを伝える

借り換え専用のローンであれば、必要ないかもしれませんが、通常のフリーローンに申込みする場合、必ず借り換えすることを申込み時に伝えることが重要です。インターネットから申し込みをする時は、利用使途欄には借り換えと入力したり、備考やコメント欄などに、現在借りているローン会社の名前、残高、金利等を記載し、融資が可能であれば、借り換えすることを伝えてください。

 

電話からの申込みであれば、そのまま口頭で伝えれば問題ありません。あくまで目的は借り換えということが大切です。

 

【ステップ3】新たに融資を受けた金額で既存の借入を完済して終了

新たな借入で完済する

Aさんは、H銀行カードローンに60万円を借り換え希望で申込み、60万円の融資を受けることができました。もともと借りていた消費者金融へ連絡し、完済する為、明日付の元利合計金額を教えてもらいました。

 

翌日H銀行カードローンからの融資金で消費者金融を完済し、18%⇒14.3%へ借り換えは成功しました。消費者金融は完済日(支払した日)までの利息が日割り計算となる為、金額は約51万円でしたが、H銀行カードローンから60万円の融資を受けているので、差額約9万円を上乗せで借入したことになり、当初の希望通りになったと言えます。

 

完済したカードローンは使えなくなる?

 

ばつ

借り換え後は、もともと借入していたカードローン会社に一括返済を行うことになりますが、完済後もカードローンを解約しない限りは利用することが出来ます。

 

しかし、借り換え先の契約条件で「現在利用しているカードローンを全て解約すること」が条件となっている場合は必ず解約する必要があります。

 

この場合、借り換え後に解約していないことや完済後に新たな借入をしていることが発覚すると、契約違反となり最悪の場合一括返済を求められます。

 

借り換えの融資金を別の用途で使うとどうなるの?

 

通常借り換えをしたら、融資金で元々借入をしていたところに一括返済を行うのですが、全く別の用途に使ってしまう人もいるようです。本来は返済に充てるはずのお金であるため業者によっては契約違反として一括返済を求められたり、法的措置を取るところもあります。

 

また、別の用途への使用を防ぐために完済証明書の提出が必要なところや、確実に完済するために本人に代わって返済をする返済代行をしているところもあります。

 

借り換えで融資してもらったお金を別の用途に利用することは可能ではありますが、バレた時のリスクが高いだけでなく、ただ借金が増えて自分の首を絞めてしまうだけので必ず契約条件通りに完済することが重要です。

複数のカードローンを借り換えする場合

先ほどの例は1社だけ借り換えの場合でしたが、実際には2社〜3社を1つに借り換えてまとめたい場合の方が多いと思います。
カードローン借り換えで専門的な知識が多少必要と言ったのは、複数借り換えの場合です。複数借り換え時は、借入残高の合計金額が高額になるケースが多く、その場合 総量規制が1番の問題になります。

hint総量規制とは?
2010年に導入された「貸金業者は利用者年収の3分の1を超える貸付をしてはならない」という法律です。貸金業法で定められているため、消費者金融や信販会社等の貸金業者が対象となります。

今の借入残高と新たな借入金額の合計が年収の3分の1以下の場合

 

例えば、今の借入残高が3社で120万円、新たな借り換え先の申込み金額が120万円だった場合、合計で240万円となります。この場合年収が730万円以上あれば新たな借入をした時点でも年収の3分の1以下となりますので、基本的には1社のみの借り換えと同様に考えても良いでしょう。

 

新たな借入先に借り換え目的と説明し、今借りている3社の会社名や金利、残高、毎月の返済金額等を教え、新たな借入先から融資が可能となれば、その融資金で3社すべて完済することで借入は1つにまとまる(借り換えた)ことになります。

今の借入残高と新たな借入金額の合計が年収の3分の1を超える場合

 

借り換え方法年収の3分の1

先ほどの例で、今の借入残高が3社で120万円、新たな借り換え先の申込みが120万円、合計240万円で、年収が600万円だった場合、この場合は一時的でも借入が年収の3分の1を超えることになりますので、消費者金融等の貸金業者は「総量規制例外貸付」の顧客に一方的に有利となる借り換え又は、段階的に債務を減らす借り換えで融資する方法となります。

 

総量規制例外貸付で融資をした場合、基本的には返済専用(繰り返し借入ができない)となりますので注意が必要です。そして、借り換え条件で例外貸付をすることから、新たな借入先からの融資金は必ず既存の借入の返済に充てなければなりません。

 

銀行カードローンは、年収3分の1以上で貸付した場合でも、繰り返し借入できるリボ契約なら、追加借入は可能な場合があります。(最初から返済専用のローンは追加融資は受けられません。)

 

借り換え後に追加借入は出来る?

お札

借り換えやおまとめの専用ローンで借入をした場合は基本的に追加の借入が出来ないことが多いです。

 

特に先ほど述べたように総量規制例外貸付で年収の3分の1を超える金額を借り換えした場合は返済専用ローンとなるため追加の借入をすることは出来ません。

 

通常のカードローンは限度額いっぱいまで借入をしても、返済をすると再度限度額まで借入が出来ますが、借り換えやおまとめ専用ローンの場合は返済を行っていっても追加借入は出来ないようになっています。

 

また、借り換えローンを契約していることは信用情報に記録されてしまうため新たなカードローンに申し込みをしても審査に通る可能性は低いでしょう。

 

 

今すぐ借り換えたい人は必見!おすすめランキング!

おすすめランキング

>>カードローン借り換えおすすめランキングはこちら<<