カードローン借り換えの注意点

カードローン借り換えの注意点

カードローン借り換えの際に注意しておきたい事を何点か説明します。まず、総量規制の関係です。総量規制とは2010年6月に貸金業法改正に伴い導入された法律です。2010年6月以降、貸金業者は顧客の年収の3分の1以上の貸付は原則禁止となりました。

仮に年収300万円の人であれば、貸金業者からの借入可能額は合計で100万円までとなります。100万円超は年収の3分の1を超えるため、法律で貸付は禁止されています。

総量規制は貸金業者のみ!銀行カードローンは?

しかし、総量規制は貸金業法の中の法律の為、総量規制の適用を受けるのは貸金業者のみとなります。貸金業者とは貸金業登録している会社のことで、主に消費者金融、クレジット会社(キャッシングのみ)、信販会社(キャッシングのみ)となります。

 

銀行等の金融機関は貸金業法ではなく銀行法という法律に則って営業しているため、総量規制が適用されません。そのため、審査で融資可能と判断すれば銀行カードローンは年収3分の1以上貸付しても法律的には問題がないのです。

 

しかし、最近では銀行の過剰貸付が問題視されるようになったことから銀行も自主規制を始めるところが増えてきています。そのため、法律では定められていないものの銀行カードローンでも年収の3分の1を超える借入を行うことが難しくなっています。

消費者金融でも借り換えローンは総量規制例外で貸付可能!

借り換えローンは総量規制例外貸付

では、カードローンを借り換えしようとした場合、消費者金融に申し込みしても、年収3分の1以上は借りられないのか?と言えば、そうではありません。通常のフリーローンは貸付禁止となりますが、総量規制にも「除外貸付」と「例外貸付」があり、 カードローン借り換えは総量規制例外貸付として認められているのです。

 

総量規制例外貸付の条件として、「顧客に一方的に有利となる借り換え」「段階的に債務を減らす借り換え」条項があります。簡単に言えば、借り換え前よりも金利・毎月の返済金額・総返済金額が上回ることなく、追加の担保や保証人を必要としない借り換えであれば、 「顧客に一方的に有利となる借り換え」に該当することになります。

 

金利を下げることで毎月の返済金額を軽減することができますが、その分余裕を持って長期返済プランにした場合、完済までの総返済金額は借り換え前よりも上回ることがあります。

 

その場合は顧客に一方的に有利となる借り換えには該当せず契約できない為、 「段階的に債務を減らす借り換え」として貸付することになります。

 

こちらの借り換えは金利が上回らず、追加の担保や保証人が無く、段階的に債務を減らす、返済のみの契約であれは例外貸付として認められています。

「顧客に一方的に有利となる借り換え」と「段階的に債務を減らす借り換え」は借り換え対象が違い、規制が厳しくない「段階的に債務を減らす借り換え」に関しては基本的に貸金業者の借り換えのみが対象となります。 その他の条件については、借り換え前にカードローン会社へ確認しておくことが必要です。

 

カードローン借り換えのデメリット

バツ

カードローン借り換えの1番の注意点は、総量規制例外貸付として融資を受けた場合追加での借入が出来なくなることです。先ほども述べたように、年収の3分の1を超える借入を消費者金融等の貸金業者へ借り換えをする場合、総量規制例外貸付が適用されます。

 

総量規制例外貸付はあくまで「例外的な融資」のため貸付をしてもらうことはできますが、追加の融資に関しては貸付分も含め年収の3分の1を超えている場合、どこの貸金業者へ申し込みしても断られます。基本的に例外貸付で借り換えをすると完済までは追加融資が出来なくなるでしょう。

 

また、消費者金融等の借り換え専用ローンは返済のみの契約となっていることが多いです。そのため、年収の3分の1以下を借り換えした場合でも追加融資をうけることが出来なくなってしまう可能性があります。

 

貸付分も含め年収の3分の1を下回っている場合は通常のカードローンに申し込みをした方が追加の融資は受けやすいでしょう。ただし、この場合は金利が低くならない可能性が高いためあまりおすすめは出来ません。

毎月の返済額が少なくなったら注意!

借り換えをすると、月々の返済額が減ることがありますが、この場合は少し注意が必要です。毎月の返済額が減ったということは元金返済に充てられる金額が少なく、返済が長期化してしまう恐れがあるからです。

 

返済が長期化してしまうとせっかく低金利で借り換えができたのに完済してみたら総返済額が多くなってしまったということになりかねません。

 

借り換え先を選ぶ際に毎月の返済額が少なくないところを選ぶか、もし返済額が減った場合には積極的に繰り上げ返済をしていくことが重要です。

 

借り換え先を選ぶ時の注意点

カードローンの借り換えを行うことによって、金利や返済金額が変わることはもちろん返済方法なども変わってきます。そのため、借り換え先の選択はとても重要です。いくつかの業者を比較して一番自分に合っているところを選択するようにしましょう。

上限金利で比較する

 

金袋

カードローン会社の公式サイトには年金利4.0%〜18.0%のように金利に幅を持たせて表示されています。金利は、借入金額が高くなるほど低くなりますが、下限金利で借入出来ることはほとんどありません。そのため、上限金利をもとに借り換え先を選択することがおすすめです。

 

また、定期的に金利が見直される変動金利を選択する際には注意が必要です。変動金利は、契約の途中でも金利が変更されるため金利が低くなった場合はメリットとなります。

 

しかし、反対に上がってしまうこともあるため最初は低い金利で契約をしたのに後々金利が上がり、最終的に利息負担が大きくなってしまうということもあります。

 

借り換え先は上限金利をもとに選択し、変動金利固定金利かも確認しておくようにしましょう。

 

違法業者には申し込みをしない

 

金袋

借り換え先を選択する際には違法業者に注意しましょう。違法業者はDMやチラシなどで低すぎる金利が表記されていたり、「他社から断られた方でもOK」というようなキャッチフレーズでセールスを行っています。

 

これらは審査に落ちてしまったり、とにかく低金利で借りたいという人にはとても魅力的な言葉ですが、実際には表記されていた金利はもちろん適用されず、法に反する高金利で貸付をしてきます

 

また、同じような手口でお金に困った人を誘いこみ、「うちでは貸せないけど他の会社を紹介する」と紹介料を取られたり、「貸付をするから手付金としてお金を振り込んで欲しい」と振り込ませたお金を騙し取られるというような詐欺を行う違法業者も存在します。

 

貸金業者は貸金業登録番号を持っているため、借り換え先を選ぶ際には必ず違法な業者でないことを確認してから申し込みをするようにしましょう。

 

今すぐ借り換えたい人は必見!おすすめランキング!

おすすめランキング

>>カードローン借り換えおすすめランキングはこちら<<