カードローン借り換え限度額

カードローン借り換え限度額

カードローン借り換え限度額はいくらまで可能なのか?カードローンの借り換えでは、希望の限度額を借りれないと借り換えをする意味がありません。

 

審査で希望限度額より低い限度額が設定されてしまった場合はただ借入金額や借入件数が増えてしまうだけです。そこで、借り換えのためのローンに申し込む時はまず、借り換えが目的であることをカードローン会社に伝える必要があります。

 

なぜ借り換え目的と伝える必要があるの?

カードローンの借り換えは新たに借入を増やすというわけではなく、あくまでも今借りているカードローンを完済することが目的になるからです。もし借り換え目的と伝えていないと、審査では「今ある借入金額」+「新たな借入希望額」の返済能力があるかどうかで判断されてしまいます。

 

例えば、現在50万円の借入をしていて申し込み時に借り換え目的と伝えていなかった場合「現在借入している50万円」+「新たな借入50万円」の返済能力があるかどうかの審査が行われます。

借り換え1

しかし、借り換え目的と伝えておくと借入金額や借入件数は結果的に変わらないため、現在の支払状況に問題がなかった場合審査に通る可能性が高くなるのです。

借り換え2

 

カードローン借り換えに関しては、完済するカードローンの返済額等を上回らなければ基本的に借り換え後も支払可能とみることができるため申し込み時には借り換え目的であることを伝える必要があるのです。

 

また、借り換え目的であること以外に現在の借入金額金利も明確に伝えておくとよいでしょう。

カードローン限度額早見表

会社/項目

限度額

金 利

オリックス銀行
カードローン

最高800万円

1.7%〜17.8%

東京スター銀行
おまとめローン

お借入金額
最高1000万円

年率5.8%〜14.8%
※保証料率年1.2%相当を含む

りそなプレミアム
カードローン

最大800万円

3.5%〜12.475%

楽天銀行カードローン

最高500万円

4.9%〜14.5%

アイフル

最高800万円

3.0%〜18.0%

アコム

最高500万円

4.7%〜18.0%

SMBCコンシューマー
ファイナンス

1〜500万円

4.5%〜17.8%

SMBCモビット

最高800万円

3.0%〜18.0%

※オリックス銀行の借り換えはリボ払いのみ可能です

上記の中で限度額が一番高いのは東京スター銀行のおまとめローンで、最高が1,000万円となっています。

 

また、りそな銀行のりそなプレミアムカードローンは借り換え専用商品ではありませんが、800万円という高い最大限度額が設定されています。上限金利も12.475%と、銀行ならではの低金利で安心して借り換えをすることが出来ます。

 

そして、カードローンの借り換えではなくクレジットカードのリボ払いの借り換えを検討している方にはオリックス銀行カードローンでの借り換えがおすすめです。

カードローン借り換え限度額と総量規制の関係

改正貸金業法は2010年6月に完全施行となったことから、原則、消費者金融等の貸金業者からの借入は年収の3分の1までしか借りれなくなりました。

 

年収300万円の人であれば、借入限度額は3分の1の100万円までとなり、100万円以上借入がある場合、借り換えはできないのか?疑問が出ますが、総量規制には除外・例外・対象外があり、年収3分の1以上でもカードローン借り換えは可能となっています。

消費者金融では総量規制例外貸付として借り換え可能

貸金業法では総量規制例外貸付の条件として、「顧客に一方的に有利となる借り換え」・「段階的に債務を減らす借り換え」この2点については、年収3分の1を超えたとしても総量規制例外貸付として融資が認められています。

 

2つの借り換え条件に共通することは、借り換え前より金利が上回らず、追加の担保や保証人が必要ないことが挙げられます。厳密的に言えば他にも条件はありますが、ポイントとしては、借り換えローンを貸し付けるならば、借り換え前よりも良い条件でなければ融資はできないと決められているのです。

 

上記を見ると、審査が厳しくなると思われますが、今は総量規制によってどこの消費者金融も貸したくても貸せない状態になっており、法律で認められた総量規制例外貸付にあたる、借り換えローンは年収3分の1の規制が無いため、消費者金融会社は積極的に貸付を行おうとしています。

 

カードローン借り換え限度額に関して不安に思う部分もあると思いますが、総量規制例外貸付となりますので、臆さず申込みしてみることをおすすめします。

銀行カードローンなら総量規制対象外となる

消費者金融では総量規制例外貸付になると説明しましたが、銀行カードローンへ借り換えを申込みした場合、限度額はどうなるのでしょうか。

 

まず、総量規制とは貸金業者のみが規制される法律です。銀行は貸金業者ではないので、総量規制は適用されません。

 

そのため、銀行カードローンには法律上の年収制限は存在しないのです。しかし、総量規制が適用されないからと言って、銀行が返済能力を超えて融資することはなく、審査も決して甘くはありません。

 

ただし、銀行は今個人向けローンに力を入れており、実際に消費者金融で総量規制によって借りられなかった人に対しても審査次第で融資をしていることは事実です。

 

そして、複数の消費者金融借入を低金利で1本化する借り換えローン・おまとめローンを積極営業しています。低金利の銀行カードローンで借り換え・おまとめすることによって、毎月の支払金額がかなり下がる場合もあり、消費者金融では返済困難だった人でも借り換えすることで返済計画が再度立てられるケースもあります。

 

このように、カードローン借り換えに限っては消費者金融でも、銀行カードローンでも年収による貸付制限はほとんどありません。冒頭に説明したように、まず借り換えローン目的と明確に伝えることが、希望の限度額を借りることにつながります。

 

今すぐ借り換えたい人は必見!おすすめランキング!

おすすめランキング

>>カードローン借り換えおすすめランキングはこちら<<