カードローン借り換え

カードローン借り換え比較サイト

カードローン借り換えを徹底比較します!

カードローン借り換え

カードローン借り換えとは、新たな借入により、今借りているローンを完済することです。借り換えすることで、借入件数は増えることが無く、そして低金利で借り換えすることにより毎月の返済額を軽減することも可能になります。

 

1社のみの借り換えはもちろん、複数借入を1つのカードローンで借り換えすることによって、借入件数を減らせ、毎月の利息支払いを少なくすることもできます。

毎月の利息は減少しますが、総支払利息は返済期間・回数により変わってきます。 低金利へ借り換えしても長期間の返済になれば毎月の支払金額は減少しますが、利息の総支払金額は増えることもあります。借り換え前と同じ借入残高・支払金額・返済回数であれば、低金利への借り換えにより総支払利息は少なくなります。


貸金業法は2010年6月に改正、完全施行となり、総量規制が導入されました。今までは年収の3分の1を超える金額だったとしても、貸付の判断は貸付側の業者に任されていましたが、多重債務者が増えたことにより貸金業者(消費者金融・クレジット会社・信販会社)の融資は一律で利用者の年収1/3までとなったのです。

 

借り換えローンやおまとめローンは、現状の金利よりも引き下げて借り換えを行うことによって、今までよりも返済の負担を軽くすることができます。新たな借入をするには総量規制が大きく関わってきますので、今の借入金額でいかに金利を引き下げることが今後最重要課題になってくるのです。

 

当サイトは総量規制例外貸付のカードローン借り換え、総量規制対象外のカードローン借り換えを含め、 全ての借り換えローンについての特長・メリットの徹底比較・解説を行い、あなたにとって最善なカードローン借り換えをご案内させていただきます。

借り換え人気No.1はオリックス銀行!300万円迄収入証明不要!

>>オリックス銀行カードローン公式サイトはこちら<<

カードローン借り換えで支払金額を軽減できる!

カードローン借り換えで支払軽減

カードローン借り換えの最大のメリットは、低金利へ借り換えすることで利息の支払いを軽減できる点です。利息が少なくなれば、同じ金額を返済したとしても、借り換え前と借り換え後では元金充当金額が変わってきます。

 

その為、低金利へ借り換えすることで早期完済にもつながるのです。そして、利息が下がることで、毎月の分割金(返済金額)も引き下がる可能性があり、借り換え前よりも最低支払金額が下がれば今までよりも余裕をもって返済することができます。

 

利用残高50万円の場合の金利ごとの利息と予想返済金額

項目/金利

金利18%

金利15%

金利12%

1日の利息

246円

205円

164円

30日間の利息合計

7,397円

6,164円

4,931円

最低返済金額予想

15,000円

12,000円

10,000円

※利息計算は小数点以下切り捨てです。厳密に言えば、金利18%の場合の利息計算は、500,000×0.18÷365×30=7397.2602・・・となりますが、7,397円が利息となります。その為。1日の利息も小数点以下は切り捨てになりますので1日の利息に30を掛けても、30日の利息合計と金額がずれます。

月の最低支払金額は審査によって変わってきます。低金利へ借り換えしても返済金額が変わらないこともありますので事前に確認が必要です。(返済額が下がらなくても金利が下がれば今までよりも元金は多く減っていきます)また、借り換え前よりも多く借入すれば返済金額が下がらないこともあります。

複数をおまとめ一本化することでメリットはより増える!

おまとめローン一本化
借り換えローンは複数を低金利で一本化することで、よりメリットは増えていきます。上記の図の通り、3社を12%の低金利で一本化することにより、借り換え前より利息は1ヶ月7,315円も開きがでるのです。

 

説明する男性イラスト2

一本化のメリットは利息が下がる事だけではなく、毎月の返済の手間を減らし、完済までの返済計画が容易に立てやすくなることです。

 

複数から借りていればいつ完済になるのか、はっきりと分かりずらいですが、1社だけなら、毎月いくら返済すれば、いつに完済になるのかすぐに計算することが可能です。
このように借り換えローンは様々なメリットがあり、今おすすめのローンとなっているのです。

カードローン借り換えおすすめランキング!

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンは業界最低水準の低金利!金利3.0%〜17.8% 限度額は最大で800万円!低金利+高限度額は他社借り換え又は、複数借入のおまとめにも最適です。
オリックス銀行カードローンは限度額ごとに金利が設定されており、100万円〜150万円は金利.9.0%〜14.8%、200万円〜300万円は金利6.0%〜12.8%で100万円台から1桁の低金利も可能!

 

そして300万円以下は収入証明不要で審査でき、銀行カードローンでも最短即日審査!提携ATM利用手数料0円で全国のセブン銀行・ローソン・Enet・イオン銀行・ゆうちょ銀行・三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・西日本シティ銀行ATMよりいつでも借入・返済ができ利便性は最高レベルです。 カードローン借り換えなら、オリックス銀行カードローンがおすすめNo.1です。

金 利 限度額 審査時間 即日融資 収入証明書

3.0%〜17.8%

最高800万円

最短即日

ローンカード発行後

300万円以下不要

オリックス銀行カードローンで借り換えた場合

借入額

50万円

100万円

200万円

金 利

12.0%〜17.8%

9.0%〜14.8%

6.0%〜12.8%

最低返済額

10,000円

20,000円

35,000円

利用手数料0円!提携ATM一覧

三菱東京UFJ銀行三井住友銀行ATM西日本シティ銀行ゆうちょ銀行ATMイオン銀行ATMセブンイレブンATMローソンATMEnet

>>オリックス銀行カードローン公式サイトはこちら<<

イオン銀行カードローンBIG

イオン銀行カードローンの特長・メリットは低金利にあります!限度額30万円〜90万円は金利13.8%、100万円〜200万円で金利8.8%となっていることから、100万円の利用でも金利は1桁の8.8%で借りることが可能です!
そして限度額は最高800万円となっており、通常の借り換えから、複数借入のおまとめ、一本化まで幅広く利用することができます。

 

又、イオン銀行カードローンは最低返済金額が圧倒的に低く設定してあることもメリットの一つです、10万円以下は3千円、50万円超100万円以下でも最低返済額は1万5千円となっており、余裕を持って返済したい人には、かなりのおすすめカードローンと言えます。

金 利 限度額 審査時間 即日融資 収入証明書

3.8%〜13.8%

最高800万円

※最短即日

※可能

100万円以下不要

※最短即日審査・即日融資はイオン銀行口座をお持ちの方で、イオン銀行ダイレクトからのお申込みが必要となります。

イオン銀行カードローンBIGで借り換えした場合

貸越極度額

50万円

100万円

200万円

金 利

13.8%

8.8%

8.8%

最低返済額

10,000円

15,000円

25,000円

>>イオン銀行カードローンBIG公式サイトはこちら<<

プロミス

200*200

プロミスは金利(実質年率4.5%〜17.8%、限度額1〜500万円の消費者金融屈指の高スペックにより、フリーキャッシングから借り換え・おまとめにも利用は可能です。プロミスで借り換える最大のメリットは、メールアドレス登録とWEB利用明細の登録で受けられる30日間無利息サービスにあります!

 

例えば、他社より50万円を借り換えした場合、プロミスなら30日間無利息となりますので借り換え後、丸々1か月分の利息が0円になるのです。審査時間は最短30分、平日14時までにWEB契約完了で最短即日融資も可能です!
消費者金融では数少ない、三井住友銀行提携ATM手数料無料の利便性は、きっと満足できるカードローンと言えるでしょう。

金 利 限度額 審査時間 即日融資 収入証明書

4.5%〜17.8%

1〜500万円

最短30分

可能

50万円以下不要

提携ATMの一部(三井住友銀行は手数料無料!)

三井住友銀行ATMセブンイレブンATMローソンATMEnet

>>プロミス公式サイトはこちら<<

モビット

150x150 夏菜さん 静止

モビットは実質年率3.0%〜18.0% 限度額最高800万円となっており、消費者金融ではトップの限度額です。限度額800万円の高スペックにより借り換えローンには最適と言えます(借り換えローンという商品はありませんが限度額800万円の頼れるローン。資金使途が自由なのでおまとめ等幅広い使い方が可能です)。

 

モビットの特長として、電話連絡・郵送物無しで全てネット上で契約できるPCからWEB完結があります。PCから申込みすることによって、一切の郵便物無く契約することが可能です!(モビットカードの発行もありません)。そして最短即日融資も可能となっており、借り換えにおすすめのカードローンです。
※即日融資は平日14:50までに振込手続き完了が条件となります。(審査によっては不可もあり)

金 利 限度額 審査時間 即日融資 収入証明書

3.0%〜18.0%

最高800万円

最短即日

可能

提携ATMの一部(手数料一部負担有り)

三井住友銀行ATM三菱東京UFJ銀行ATMイオン銀行ATMセブンイレブンATMローソンATMEnet

>>モビット公式サイトはこちら<<

アイフル

アイフルは消費者金融ではトップクラスの実質年率4.5%〜18.0%!限度額は最高500万円まで可能となっています。そして、アイフルは借り換え専用のかりかえMAXにより、低金利への借り換えが可能!かりかえMAXは総量規制例外貸付の為、年収3分の1以上でも申込みが可能となっており、消費者金融の借り換えローンならアイフルがおすすめです。

 

かりかえMAX以外にも女性専用のレディースアイフル、事業性融資の事業サポートプラン、実質年率4.5%〜9.5%の低金利ローン、ファースト・プレミアムカードローンなど、アイフルは多彩な商品性であなたに合ったキャッシングが見つかります。
ご融資可能かすぐに分かる1秒診断に加え、正式審査回答まで最短30分、そして最短即日融資も可能!スピード審査・融資ならアイフルへ!

金 利 限度額 審査時間 即日融資 収入証明書

4.5%〜18.0%

最高500万円

最短30分

可能

アイフル借り換えMAXで借り換えした場合

融資額

50万円

100万円

200万円

※金利

17.5%

15.0%

12.0%

返済期間

5年(60回)

毎月支払金額

13,000円

24,000円

45,000円

※金利は審査結果によって変わる場合があります。

提携ATM一部(手数料負担有り)

三菱東京UFJ銀行ATMイオン銀行ATMセブンイレブンATMローソンATMEnet

>>アイフル公式サイトはこちら<<

【6位】 楽天銀行カードローン

 

楽天銀行カードローンは金利1.9%〜14.5%の低金利ローン!総量規制対象外の為、年収3分の1規制は無くおまとめローン・借り換えローンとしても利用OK!金利は必ず14.5%以下のことから消費者金融の複数おまとめローンとして利用すれば効果は抜群です!
楽天銀行なら銀行カードローンでも数少ない最短即日審査+即日融資も可能となっており、限度額300万円以下は収入証明書不要で借入もできます!毎月の最低返済金額も少なく設定されており、借り換えローン・おまとめローンにはうってつけな低金利ローンとなっています。

金 利 限度額 審査時間 即日融資 収入証明書

1.9%〜14.5%

最高800万円

最短即日

可能

300万円以下不要

提携ATMの一部(手数料一部負担有り)

イオン銀行ATMセブンイレブンATMローソンATMEnet

楽天銀行カードローンで借り換えした場合

限度額

50万円

100万円

200万円

金 利

14.5%

9.6%〜14.5%

6.9%〜14.5

毎月返済額

10,000円

15,000円

30,000円

>>楽天銀行カードローン公式サイトはこちら<<

【7位】 アコム

 

消費者金融大手のアコムは実質年率3.0%〜18.0% 限度額最高800万円!その高い限度額によって、借り換えも可能です。アコムは消費者金融でもトップクラスの新規成約率(貸付率)を誇り、審査結果回答まで最短で30分!最短即日融資も可能となっています。

 

通常のフリーローンから、借り換えローンまで使途自由で利用ができ、30日間金利0円の無利息+スピード審査・スピード融資がアコム最大の特長と言えます。
即日融資は審査完了後、本人確認書類を平日14:00までにFax送信され、アコムが確認した場合は当日中にお客さまの指定口座に振込が可能です。

金 利 限度額 審査時間 即日融資 収入証明書

3.0%〜18.0%

最高800万円

最短30分

可能

50万円以下不要

提携ATMの一部(手数料一部負担有り)

三菱東京UFJ銀行ATM三井住友銀行ATMイオン銀行ATMセブンイレブンATMローソンATMEnet

>>アコム公式サイトはこちら<<

 

カードローン借り換えするなら銀行カードローンへ!

借り換えローンに成功した女性画像

カードローン借り換えランキングを見ても分かると思いますが、借り換えローンでおすすめなのは、間違いなく銀行カードローンです。

 

銀行カードローンの全てが資金使途に借り換えをOKしているわけではありませんが、ほとんどの銀行では消費者金融からの借り換えは対応しています。(※おまとめローンは不可となっている銀行が比較的多いです。)

 

なぜ銀行カードローンが良いのかと言えば、低金利と総量規制対象外が1番の理由でしょう。消費者金融では借り換えの場合、貸金業法に基づくおまとめローンや借り換えローンで貸付をする場合が多く、借入後は原則返済のみとなります。

 

しかし、銀行カードローンなら基本的に限度額内での借入ができ、年収3分の1の年収規制もありません!総量規制対象外のカードローンこそ、借り換えに最適なローンとも言えるのです。

 

(参考サイト:総量規制対象外のカードローン!【即日融資・審査】

 

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 借り換え審査 借り換え方法 金利の選び方 メリット・デメリット 一本化